メニュー

土地を売りたい方のご相談

質問 土地の売却について教えて

回答

皆さんは『土地』に対して、どのようなイメージをされていますか?
現在では土地神話が崩壊し、土地の資産性が下がっているのが現状です。逆に保有していても値段が下がり続ける可能性もあります。一方で、土地を持っていることだけで発生する『負担』もあります。固定資産税や都市計画税、将来的には相続税の可能性も出てきます。

土地は『持っている』だけでは資産とはなりません。むしろ負担となる可能性すらあります。土地の活用が難しいと思われるのでしたら、売却して現金化し、その現金の使途をあらためて検討する姿勢も必要になるのではないでしょうか?その意味で、『売却』も立派な活用法の一つです。

質問 土地売却のポイントは?

回答

土地売却をスムーズに行なうために、売却を依頼する前に以下の項目を把握しておきましょう。

 □ 売却する場所   
 □ 地形
 □ 道路付け
 □ 面積
 □ 向き

上記以外ではご希望の手取り金額や残債の有無が分かっていると、よりスムーズに土地売却を行うことが出来ます。

質問 土地売却のメリットは?

回答

●現金化により、資産の「組み替え」が可能になります。

売却で得た資金を有効に使えば、その後の収入や支出の改善につなげることができます。

□ 借入の返済
借入を返済することで、その後の利子負担がなくなります。

□ 金融資産の購入
株式や外貨建て資産の購入で、ポートフォリオ全体での収益を高めることも可能です。

□ 他の不動産の購入
売却で得た資金で、「今までよりも立地のいい不動産を買う」ことも可能です。「子供が独立したので、多少狭くなっても構わないから都心近くに住みたい」あるいは「自己資金を加えて同じ広さの土地を都心近くに買いたい」「立地のいい土地を買って、収益性の高い活用をしたい」といったことが実現できます。

●税負担の軽減

土地を保有していることでかかってくる税金を軽減できます。

□ 固定資産税・都市計画税
土地を手離しますので、固定資産税や都市計画税の負担はなくなります。

□ 相続税の納税資金確保
売却収入により、相続が発生した場合の「納税資金」を確保することができます。もっとも、売却収入も相続財産ですので、相続税そのものは増えますが、納税の「しやすさ」は大幅に高まります。

質問 土地売却のデメリットは?

回答

●収益機会の損失
土地を手離しますので、当然ながら、今後その土地から得られる収益はありません。

●売却収入のすべてが手取り現金とはならない
土地が仮に1億円で売れても、1億円の現金がそのまま入るわけではありません。他の資産への組み替えを検討している場合は、注意が必要です。

□ 譲渡費用の発生
売却にあたっては、
・印紙税
・測量費
・仲介手数料
といった費用が発生します。これらの合計額は、売却代金の5%程度に達することもありえます。

●譲渡税の発生
売却によって得られた「もうけ」の部分(譲渡益)に対して、「譲渡税」として、所得税・住民税がかかります。計算方法や税率は、
・売却する土地の所有期間
・売却する土地の使用目的
などで変わってきます。
なお、「他の不動産に買い換える」場合は「買換え特例」によって税額が大きく下がることもあります。

質問 一般客と業者に売却する違いはありますか?

回答

土地売却の方法は2パターンあります。
一般客に売却する場合と業者に任せて売却する場合です。ここではそれぞれの特徴をご紹介させていただきます。

●一般客に売却する場合
□ メリット
・買い取り業者を通さずに売却を行えるので、高く売れる可能性がある。

□ デメリット
・売却先を自分で探し出さないといけないため、時間が掛かってしまう。
・契約したとしてもローン解除により、話が流れてしまう可能性がある。
・売却成立後、土地の買主からのクレームに対応する必要が生じる。

●業者に売却する場合
□ メリット
・短期間で売却してくれる。
・契約後にローン解除により、話が流れてしまう可能性が少ない。
・売却成立後、土地の買主からのクレームに業者が対応してくれる。

□ デメリット
・業者を通しての売却になるので、一般客に売却するよりも値段が安いことがある。

身内間での土地の売却をご検討されている方へ

株式会社桑山商会では、身内間での土地の売却時に必要となります契約上の手続きの代行をさせて頂いております。

□ 売却した物件に不備があり、後々問題になった。
□ 売却した土地に建築法上、家が建てられずに問題になった。

などのお声を頂く機会がここ数年で多くなってきました。
安全な土地売却を行うためにも、一度弊社までご相談下さい。

  

土地を買いたい方のご相談

質問 土地購入のポイントは?

回答

土地購入をスムーズに行なうために、購入を依頼する前に以下の項目を把握しておきましょう。

 □ 希望場所
 □ 希望予算額
 □ 地形
 □ 道路付け
 □ 面積
 □ 向き

上記以外では、ご希望の購入時期や自己資金、返済の目安が分かっているとよりスムーズに土地購入を行うことが出来ます。

質問 一般客と業者に売却する違いはありますか?

回答

土地購入の方法は2パターンあります。
一般客から購入する場合と業者から購入する場合です。ここではそれぞれの特徴をご紹介させていただきます。

●一般客から購入する場合
□ メリット
・業者を通さずに購入を行えるので、安く買える可能性がある。

□ デメリット
・現況のまま買うケースが多く、後々不具合が出てくる可能性がある
・契約しても測量不調により流れる可能性がある

●業者から購入する場合
□ メリット
・大きい物件でも希望にきってもらい買える可能性がある。
・契約してから受け渡しまでの期間が短縮できる場合がある。
・後で売主に瑕疵担保責任を問える場合がある。
・たいていの場合、測量はきちんと済んでいるのものが普通。

□ デメリット
・業者を通しての購入になるので、一般客に購入するよりも値段が高いことがある。

身内間での土地の購入をご検討されている方へ

株式会社桑山商会では、身内間での土地の購入時に必要となります契約上の手続きの代行をさせて頂いております。

□ 購入した物件に不備があり、後々問題になった。
□ 土地を購入したはいいけど、建築法上の問題で家が建てられなかった。
□ よくよく調べてみると、過去に問題のあった土地だった。

などのお声を頂く機会がここ数年で多くなってきました。
安全な土地購入を行うためにも、一度弊社までご相談下さい。

樹

© 2016 Kuwayama syoukai Corporation. All Rights Reserved